FC2ブログ

節水で社会貢献

スクリーンショット(2012-01-08 20.39.15)
毎日何気なく使っている水ですが、
浄水場や下水処理場で水を処理するとき、
家庭や学校に水を供給するとき、
ビルやマンションでポンプを使って水を汲み上げるときなどに、
たくさんのエネルギー(電力)が使われています。
つまり、私たちが水を使えば使うほど電力が必要となり、
水を節約することが、
これらの電力を減らすこと(節電)に
つながります。
そのことを意識して、
毎日みんなが必ず使う「水まわり」だからこそ、
水の大切さについてあらためて考え、
いま、私たちにできることを実践してみましょう。
「節水すると、どれくらい節電に貢献できるの?」
水を1L節水した場合、
それにかかっていた電力使用が抑えられるので、
約0.98Wh※節電に貢献できることになります。
★節水は社会全体の節電に貢献できる(停電の危険性を緩和できるなど)ものであり、家庭の電力消費量や光熱費に直接影響するものではありません。※平成20年度水道統計(社団法人日本水道協会)および下水道統計(社団法人日本下水道協会)に基づく当社試算値
上下水道にかかる電力のみで試算
(TOTOホームページより引用)
スクリーンショット(2012-01-08 20.39.25)
スポンサーサイト
GO TOP