FC2ブログ

夏とは違う冬の節電・キーワードは節水

家庭の節電で社会に貢献

私たちが毎日使っている水道の水は、浄水場から送られてきます。さらに家庭から排出される排水は下水処理場で処理されます。それらの上下水道設備の稼働には電力が欠かせません。さらに、水を汲み上げて水を使用しているマンションなどでは、汲み上げるためのポンプにも電気を使用しています。つまり、水を使えば使うほど電力が消費されているのです。家庭で節水に励めば、それだけそういった施設の電力消費が抑えられ、節電になるわけです。節水による節電は、家庭の電力消費や光熱費が抑えられるというものではありませんが、社会インフラ全体を通じた節電に貢献でき、大規模停電などの危険性をより小さくできる可能性があります。

水を1リットル節水した場合、約0.98Wh(平成20年度水道統計および下水道統計に基づき上下水道にかかる電力のみをTOTOで試算した数値)の節電に貢献できるというTOTOの調査結果もあります。節水に励むことで節電に効果があるのなら、貴重な水資源を大切に使うということも加えて一石二鳥です。今年の冬は、節水することで節電に貢献してみてはいかがでしょうか。

一番水を使うところから節水

節水の効果を実感したいなら、まず水をたくさん使うところに気を配るのが鉄則です。家庭で大量の水を使う場所といえばトイレです。東京都水道局の平成18(2007)年度一般家庭水使用目的別実態調査では、家庭で水を使用している場所は多い順に、一番多いのがトイレ、次いでお風呂、三番目に炊事と続きます。そこで、はじめにトイレの節水方法から紹介しましょう。まず、だれでも実践できるのは、水を流す際の「大」と「小」をきちんと使い分けるという方法。最近の便器はかなり格段に少ない水量ですむように設計されています。意外ですがが、「大」と「小」を使い分けていない人が案外多いようです。TOTOの調査結果では、きちんと使い分けると1回当たり最大で2リットルの水が節約ができ、4人家族の家庭で1カ月で約720リットルの節水になるのだとか。同調査では、これにより1カ月で約0.7kwhkの節電に貢献するといいます。ちなみにこれはテレビを毎日約1時間つけているのと同程度の電力消費量だということですから、見逃せないでしょう。多少ならコストをかけてもいいという人なら、トイレの便器を節水型のものに交換するのがおすすめです。

近ごろの便器の水の使用量は4リットル台。以前の13リットルも水を使用していた便器に比べたら、大1回流すのににつき9リットルもの節水になります。1回でこれだけの差があるのですから、1年間では、一人の一日の使用回数(1回として)×家族の人数(例えば4人として)×365日で、13.140リットルの節水になります。

お風呂での節水方法

お風呂での節水方法として最初に挙げられるのはシャワーの使い方。出し放しの時間を短くするため、とにかくこまめに止めることです。TOTOの調査結果では、こまめに止めることで、1回あたり約10リットルの水が節約でき、4人家族の家庭で1カ月で約1200リットルの節水ができるそうです。また、浴槽の残り湯を使うことで節水が可能です。東京都水道局によると、使用状況によって異なるものの、一般の家庭でのお風呂の残り湯は約180リットル。この半分を洗濯、掃除、散水などに利用すれば約90リットルの節水になるとされています。ちなみに、水1リットル当たりの単価を0.24円として、3人家族、1カ月で節約できる水道料金は約650円。1年間で約7800円にもなります。

90リットル×0.24円(リットル当たり)×30日=648円 →約650円
648円×12カ月=7760円 →約7800円

炊事での節水方法は、水を出したままにせず、こまめに止めることです。また、食器は新聞紙など一度汚れを拭ってから洗う習慣をつけ、さらに、ため水洗いをすること。そうすると、使用する洗剤の量も少なくなるので、結果的に水の使用量も減ります。やはりTOTOの調査結果では、ため水洗いをすることによって1日で約90リットルの水が節約でき、4人家族の家庭でなら1カ月で約2700リットルの節水ができるとしています。この1日で約90リットルという水量は、前出のお風呂の残り湯とほぼ同じ。毎日の炊事の際のちょっとした心がけが大きな節水につながるという好例だといえます。このように、こまめに生活を見直すことで、水を使うあらゆる場所で節水が可能です。日々の生活を見直して、節水を心がければ節電にも貢献できるはずです。また、前ページで、節水は社会的節電になっても家庭の電力消費や光熱費を抑えるものではないと説明しましたが、お風呂の残り湯を使う場合のように水道料金の節約はできます。今回の記事を参考にしていただいて、今年の冬は、寒さにふるえて節電するのではなく、節水による節電を考えてみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト
GO TOP