FC2ブログ

日本の水道・飲み水基準

水道とは、その名の通り水の道であり、水の乏しい地域に遠隔地から水を引き安定した供給をするためのものです。
日本では安全でおいしい水の自然環境に恵まれていた為に自家用が多く、今日の様に公共サービスとして水道化が本格的に進んだのは昭和30年以降と新しいものです。
水道施設の浄水処理法は、まず大きな貯水池で水をためて目に見える位の大きさの砂などの大きな不純物を沈殿させ除去します。
その後、砂濾過処理して細かい不純物を取り除き、次亜塩素酸ソーダを注入して生菌類を殺菌する処理が一般的です。最近ではオゾンや紫外線殺菌や精密ろ過膜などを単独で又は併用する高度処理を施している施設も増えているようです。
元の水源が良いのですから、より美味しく安全な水を提供して頂きたいものです。
日本の水道法では残留塩素が遊離塩素として水道水1リットル中0.1mg以上の含有が必要ですが、この残留塩素が水道の味を損ねる主因になっています。
遊離塩素、結合塩素いわゆるカルキ臭といわれるもので、これは塩素自体の臭いではなく塩素が細菌や有機物等と反応することによって発生するものです。
つまり、細菌や有機物等ガ多ければ多いほど多量の次亜塩素酸ソーダを必要とし結果、残留塩素も濃くなりカルキ臭も強くなります。
水道のカルキ臭はある意味、その地域の水源の汚染がそれだけ悪化している事を現しているとも言えます。
水源の悪化は高度成長時代の頃に水源地の近くにも住宅や工場が増え生活排水、農業排水、工場排水が流れ込むよったことによって水源の汚染が進み、より一層高度な浄水処理が必要となったと考えられます。
近年、問題視されている因子の中には殺菌剤である次亜塩素酸ソーダと有機物の化学反応により発生するトリハロメタンを始めとする有機塩素化合物です。
昨年は塩素化合物の抑制の為に新たに塩素酸が水道水基準に追加されています。

スポンサーサイト
GO TOP